ひのくに道場第40期開催!

 5月16日(木)、「ひのくに道場」第40期が始まりました。
今年は、「ひのくに道場」の20周年になる年でもあり、6月に記念式典があります。
 開催して20年、ここまでで121社866名の方が参加されました。
「人材育成」、「教育」というものは、継続してこそ価値があるのであり、そういった意味で今回の20周年は一里塚だと思います。

 ただ、そうは言ってもこの20年間は苦難の連続、継続することの難しさを感じた20年でもありました。
第1期は1999年ですが、その時にちょうどバブルの崩壊の余波を受け、数年は参加者が低調で推移し、やっと回復したと思ったらリーマンショックに見舞われ、また落ち込むというように景気の影響を受けながら継続してきました。
 さらに事務局の好みにより、つぶされかける憂き目にあったこともありました。
 そういった環境変化の中、継続できたのはくまもと産業支援財団と事務局の暖かい支援、そして道場の中身を変化させていったことが継続できた要因だと思います。

 ここ最近は、参加者と新規企業が増えています。
これも上記3つの要因があればこそだと思っています。
 私の立場としては、道場の中身を時代に先行するように変化させ、これからも継続させていきたいと思います。
 「継続は力なり」と言いますが、これには2つの意味があると思います。
一つ目の意味は、「継続させるためには常に環境の変化に対応させていかなくてはならず、そのためには変化に対応する対応力を付けなくてはならない」という意味。
そして、「継続していけば、その蓄積により力がついてくる」という意味。
 ですから、継続すること自体に意味があり、特に人材育成、人づくり、教育は最も大切な事業だと思います。

 これからも熊本のため、日本のため、そして自分自身の成長のために
努力していきますので、ご支援、よろしくお願い致します。
  • お問い合わせ
Copyright © 株式会社ロンドアプリウエアサービス All Right Reserved.